無料FX自動売買ツール

【限定特典あり】プロトレーダーが運用!完全裁量PAMMのご紹介

pamm-title

「少額から稼ぎたいけど、投資経験がなくて不安」
「子供も小さいし、時間がない」
「色々試したけど、プロに運用任せるのってお金がかかりそう」

今回は、こんな悩みを解決できる「完全裁量PAMM第1弾」をご紹介します。

完全裁量PAMMで利益を得るのに、大きな資金は決して必要ありません。

ユーザーから資金を募り、プロトレーダーの口座で運用するため、あなた一人で頑張る必要がないのです。

本PAMMは、FX歴7年の現役トレーダーによる運用を、参加費無料・成功報酬で一切無しを実現しました。

コミュニティ参加人数1700人を超える、人気の自動売買やMAMを提供してきた実績ある開発チームからのご紹介です。

本PAMMの要約
  • 口座を登録すれば自動運用
  • 参加費・成功報酬は完全無料
  • PAMMの親口座はプロトレーダーが運用
  • 運用方針まで公開されており透明性の高いPAMM
  • パナマ金融当局認可の証券会社を利用

2022年2月28日まで「100%入金ボーナス」実施!!

PAMMとは?

PAMM-IMG

PAMM(Percentage Allocation Management Module)とは、自分の資金を自動で運用できるサービスの1つです。

自分自身で取引をしない意味では、自動売買とPAMMは似ています。

しかし、PAMMは自動売買だけでなく、プロトレーダーに運用を任せられるのが特徴です。

親口座は、PAMMと連携した口座の資金を運用します。したがって、親口座をプロトレーダーが運用していれば、自分の資金をプロが運用しているのと同じです。

同じ親口座は実際の取引を行うサービスとして「MAM(Multi Account Manager)」があります。

細かい発注タイミングや、手法が分かるMAMの特徴です。PAMMは、MAMと違い純粋な取引結果しか公開されないため、手法を明かしたくないプロトレーダーが親口座に多い傾向があります。

PAMMに関してはこちらの記事で詳しく解説しています。

mam-pamm- difference-title
MAMとPAMMの違いとは?仕組みとメリット・デメリット【稼ぐコツまで】専用の口座にお金を預けて、プロトレーダーに運用を任せられるサービス「MAM(マム)」と「PAMMパム)」。 自分で取引せず、完全自動で運用ができるのがMAMとPAMMのメリットです。とは言え、ほとんど同じに見えるMAMとPAMMの違いはあるのでしょうか? 結論から言うと、MAMとPAMMは取引の仕組みから違い、人によって相性も分かれます。 本記事では「MAMとPAMMの違い」をテーマに仕組みやメリットデメリット、上手く稼ぐためのコツまでまとめました。...

完全裁量PAMM第1弾 「プロトレーダーによる運用」

プロトレーダーによる完全裁量PAMMのご紹介です。

PAMMの仕組みについて解説しましたが、問題は優れた親口座を探すのが難しいことにあります。

なぜなら、PAMMは日本の証券会社では提供されていないからです。PAMMは、自動売買より自由度が高く、投資信託より敷居が低い、カジュアルに始められる比較的新しい運用方法になります。

主戦場は海外となるため、日本から優れたPAMMの親口座を探すのは難しいのです。

今回ご紹介する「完全裁量PAMM第1弾 」では、PAMMながら実績あるプロトレーダーの運用方針まで公開します。

完全裁量PAMMの特徴

完全裁量PAMM3つの特徴
  1. 口座の登録で自動的に運用
  2. 参加費無料・成果報酬0%でユーザーの負担は一切無し
  3. プロトレーダーによる完全裁量トレード

口座の登録で自動運用

完全裁量PAMMは、始める準備から実際の運用まで簡単なのが特徴です。

トレードで稼ぐ上で、最も難易度が高いのは取引で利益を挙げることですが、PAMMは一切のトレード知識が必要ありません。

必要なのは、PAMMを利用するための証券会社で口座を開設し、プロトレーダーに運用して貰う資金を入金するだけです。

ライセンス取得済の証券会社を利用

license引用:FX Beyond

資金を預けて、運用を任せる」となると、おそらく「怪しい」や「安全か心配」と思われる方も多いでしょう。

今回の完全裁量PAMMは、パナマ共和国金融当局の認可を受けた証券会社FX Beyondが提供するPAMMシステムを利用して提供します。

したがって、金融ライセンスの認可を受けた証券会社の口座へ入金するため安心です。

また、取引自体はプロトレーダーの親口座を再現する形ですが、口座からの入出金はユーザー自身で自由にできます。

つまり、入金した資金は証券会社で安全に保管され、口座の取引以外の全権限はユーザー自身にあるので、資金を奪われる心配は一切不要です。

参加費無料・成果報酬0%でユーザー負担は一切無し

完全裁量PAMMは、参加費を頂いておりません。

また、トレードの利益から一定のインセンティブを頂く様な、成果報酬型の手数料などユーザーへの負担は一切無しで提供しています。

プロトレーダーによる完全裁量トレード

プロトレーダーによる完全裁量トレードが本PAMMの最大の特徴になります。

やはり、FXで上手く勝ち残るには、プロトレーダー並みの知識と経験が必要です。

実際に相場を見ながら、リアルタイムで考察し、判断するプロの思考回路を覚えるのは簡単ではありません。

また、ファンドへ資金を預けて運用を任せるには、多額の資金が必要でした。しかし、PAMMを利用して、誰もがプロトレーダーに運用を任せられます。

FXトレード歴 7年のプロトレーダー

PAMMの親口座で取引を務めるのはFX歴7年のプロトレーダーです。以下、プロフィールについてご紹介します。

日々変化する相場のボラティリティや、各シーズン特有の変動により柔軟かつ、攻撃的にトレードを行う。得意なトレードは「スキャルピング」。社会人トレーダーとして活動しつつ、独自の投資スタイルを構築し、専業トレーダーとして独立。トレードの優れた安定性や独自の手法が評価され、複数のファンドから勧誘を受け、個人トレーダーと兼業ファンドトレーダーとして第一線で活躍している。利確と損切りラインの基本を常に意識したトレードを行い、過去の勝ちトレード・負けトレードを分析することで、現在の手法を確立した。得意とする通貨ペアは、流動性の高いEUR/USDとGBP/USD、そして大きく動くXAU/USD。

完全放置PAMMのトレード実績公開

pamm-summary-1 pamm-summary-2 pamm-summary-3 pamm-summary-4 pamm-summary-5

完全裁量PAMMのシステム要件

システム PAMM

(Percentage Allocation Management Module)

参加費用 無料
成功報酬(運用手数料) 無料
親口座のトレードスタイル EUR/USDを中心としたスキャルピング・相場によって他の通貨ペアも取引
PAMMの提供元 FX Beyond
最低証拠金 1万円から参加可能
レバレッジ 最大500倍 (※1)
想定月利 10%~20%

(※1) 本PAMMユーザーに関しては、通常FX Beyondにある口座残高によるレバレッジ制限がない優遇措置があります。

完全裁量PAMMのシステム要件は上記の通りです。

特徴としては、運用を任せるのは自動売買ではなく、プロトレーダーなので相場に応じて柔軟に対応できる部分にあります。

とは言え、単純に運用を任せるだけでは、他のPAMMと変わりません。

本PAMMは、細かい運用方針が公開されないことが多いPAMMと違い、リスクリワードや利食いと損切りの考え方まで公開しているのが強みです。

トレードスタイル

主として取引するのは、取引量の多い通貨ペアです。

取引量が多い通貨ペアとは、十分に流動性(※1)がある市場を指します。また、市場には他の通貨ペアや銘柄が取引しやすい、上手く利益が得やすい場合もあります。

通貨ペア固定の自動売買ではなく、本PAMMはプロトレーダーの裁量トレードです。市場に応じて旬の通貨ペアや、値幅を大きく狙えるゴールド(XAU/USD)もターゲットに、効率的にプラス収支も行います。

もちろん、基本的に毎日利益を出しますが、含み損を抱える場面では損失をコントロールするために、適宜損切りも戦略的に行うのでご安心ください。

(※1)流動性が高いとは、取引する人口が多く、注文を約定させるのに何ら苦労しない相場を指します。また、市場としての母体が大きいため、比較的価格が安定しているのが流動性の高い通貨ペアの特徴です。

リスクリワード

取引における想定される損失と、期待できる利益のバランスを「リスクリワード」と言います。

本PAMMのリスクリワードは、あくまでプロトレーダーによる裁量取引なので、一定の割合で損失と利益が固定されることはありません。

トレーダーによる判断で、適宜リスクリワードは決定されますが、目安としては1~1.5です。

利食いと損切り

利食いに関しては、1つの目安として20~30pipsの値幅を目安に行います。

ただし、トレンドの圧力が強い場合は、利益を伸ばすため80~100pipsまでポジションを保有する場合があります。

資金に対するリスク管理として、ドローダウンは10~20%を目安とする運用方針です。ドローダウンが大きくなれば、損切りも視野に入れます。

ただし、回復基調・リカバリーができる範疇であれば、ポジションは保有し、あくまで柔軟に対応する方針です。

完全裁量PAMMのメリット・デメリット

メリット デメリット
プロトレーダーが運用するPAMM

運用コストが不要で手軽に始めやすい

PAMM口座は含み損が反映されない

トレードの詳細が分からない

出金はノーポジションの時のみ

ここまで、完全裁量PAMMのシステム要件や特徴をご紹介しました。

フジマルブログでは、同じトレーダー目線で本PAMMの具体的なメリット・デメリットまで深堀りしていきます。

結論から簡潔に説明すると、本PAMMはプロによる運用がされるのでPAMMとして優秀、そしてレバレッジ制限がないといった優遇があるのもメリットです。ただし、PAMM自体の仕様を理解していないとデメリットがあります。

メリット(1) プロトレーダーが運用するPAMM

PAMM自体は、海外のFX業者を利用していれば決して珍しくありません。

しかし、実際にプロトレーダーが親口座を運用、そしてトレードスタイルや運用実績まで公開しているのは非常に貴重です。

特に、ユーザ側が不安に感じるリスクリワードのバランスや、損切りへの基本方針とった「目先の利益だけでなく、損失に対する部分」も説明があるのが安心できます。

メリット(2) 運用コストが不要で手軽に始めやすい

運用コストが不要なのも大きなメリットでしょう。

通常、他のPAMMでは何らかの形で運用コストが必要になるものです。

例えば、取引で発生した利益の何%かを運用報酬として支払う成功報酬型の運用コストがPAMMでは多く採用されています。

参加費用はもちろん、これらの運用コストがないのは完全裁量PAMMの大きな魅力と言えるでしょう。

メリット(3) PAMM口座は含み損が反映されない

PAMMの仕組みを利用しているため、本来のPAMMによるメリットもあります。

似た運用方法であるMAMと違い、PAMMは含み損を抱えずに済むため精神的なストレスがありません。

PAMMは、親口座がユーザーから資金を募り、親口座でのみ実際の取引が行われるからです。

やはり、自動売買やMAMでは取引が自分の口座で行われるため、含み損で不安になり、適切な取引判断ができず途中で止めたり、勝手に損切りを行ってしまいます。

PAMMは取引に関する精神的なストレスがほとんどないのがメリットです。

デメリット(1) トレードの詳細は分からない

本PAMMのデメリットは、基本的にPAMMの仕組みによるものです。

トレードの詳細がわからない」は、PAMMならではのデメリットと言えます。

PAMMは、親口座がユーザーの資金を運用するため、取引が行なわれるのは親口座のみです。

したがって、リアルタイムで保有中のポジションや、発注に関する情報を追うことができません。ただし、本PAMMでは定期的に証拠維持率をLINE@で配信しているので安心です。

デメリット(2) 出金はノーポジションの時のみ

入出金の権限はユーザー側にありますが、出金できるのはノーポジションの時に限定しています。

なぜなら、PAMMは親口座にユーザーの資金を集め、親口座で取引する仕組みだからです。

ポジション保有中に出金を行うと、証拠金維持率が変動し、強制ロスカットが発生する可能性があります。

強制ロスカットが発生すれば、他のPAMMユーザーが大きく損失を出するため、ポジション保有中は出金できません。

とは言え「ずっとポジションを持たれて、出金できなくなるのでは?」と不安になる方もいるでしょう。本PAMMは、月1回のノーポジションを設定しています。

【参加条件】完全裁量PAMMに参加するには?

完全裁量PAMM第1弾のまとめ
  • 口座を登録すれば自動運用
  • 参加費・成功報酬は完全無料
  • PAMMの親口座はプロトレーダーが運用
  • 運用方針まで公開されており透明性の高いPAMM
  • パナマ金融当局認可の証券会社を利用

今回は、「完全裁量PAMM」をご紹介しました。

本PAMMは一般公開がされておらず、完全紹介制で提供しています。

完全裁量PAMMへの参加を希望される方は「フジマル公式LINE」よりご案内していますので以下のリンクから登録をお願い致します。

pamm-tokuten

2022年2月28日まで「100%入金ボーナス」実施!!

特典(1) ZOO&Savanna参加者は1万円から

ご参加希望される方は、最低証拠金20万円最低証拠金1万円から完全裁量PAMMを利用できます。

もちろん、1万円で試してから追加で資金を入れることも可能です。

特典(2) 100%入金ボーナス

ボーナス実施期間

2021年10月21日~2022年2月28日 23:59

2022年2月28日までに完全裁量PAMMを利用すると、対象の口座への入金に対して100%相当のクレジットボーナスが付与されます。

クレジットボーナスは、トレード資金として活用できるポイントです。例えば、完全裁量PAMMの最低証拠金である1万円の入金でも、2万円相当の資金として扱われるため、より多くの利益分配を受けることができます。

親口座としても、トレード資金が多いほどトレードの戦略が広がり、リスクを抑えつつ大きな利益を狙いやすいです。

フジマル@公式LINEの友だち登録で5大特典プレゼント

フジマル公式LINEの友だち登録は下記のQRコードまたはリンクまたは友だち追加ボタンからできます。

・裁量でトレードを始めたけれど全然稼げない

・利確、損切りができない

・これからFXを始めたいけれど1から勉強しないといけない

・早く稼ぎたい

・PCの前でチャートに張り付いて見る時間がない

そんな方はこの機会に是非フジマル@公式LINEを友だち登録してみてください。

▷公式LINEの友だち登録5大特典内容はコチラ
友だち追加